秋山3号機 ジョー

クララが完成したかと思いきや秋山キイチ、
袖ヶ浦までもう1か月無い日数でもう1台造り始めた。。。。

1

2

しかも今度は右カーかよ。
というかクララ最終仕上げ大丈夫なんだろうな?(苦笑)

3

観てても判断出来る位に突貫仕上げ。
以前よりニーラー乗りたがってるみやもり氏に乗らしたいそうだが、
これ、ホントにこんな短期間でちゃんと出来るのか?

4

何か艶消し黒ペイントでどうにかしようとしてるようにも見えるんだがw

5

6

7

まぁ、同じの製作してるんで確かに作業は早い(笑)

9

8

ワタシ(Mune)としてはクオリティと安全面が気になって仕方ない。
んが、そんな周囲の心配をよそに
秋山さんはもうこの車体に命名までし始めた。
「ジョー」
うん、クララが立たせて保管がコンセプトで「クララが立った~♪」から来たんだとすると
まぁ、こっちのネーミングも言わずもがな、か(苦笑)

10

11

12

まるで秀吉の一夜城のごとく完成したジョー。
申し訳ない、もう嫌な予感しかしない。。。。

13

このニーラーの初陣の結果は後日改めて。

14

みやもりコンビ、今後じっくり車輛をモディファイしていってくだされ。
名前は勝手に決まっちゃったけど
色とか外装とかは自分色にしちゃっていいんだからね~(笑)

 

秋山2号機 クララ

1

さて、2015年走っていよいよ危なくてこれ以上は無理、になった初号機。
敢え無く破棄され秋山さんは2号機の製作に入った。
で、一番最初に送って来たのがこの画像。
俺(Mune)、もうニーラーから降りたい(苦笑)

2

因みに秋山さんは製作レポートを全部スマホ撮影だけでしている。
現場仕事でレンズが汚れているので
作業画像が全部ブルーライト横浜みたいなソフトフォーカスであるか
ロシアの安価なトイカメラみたいなのしかないです、ごめんなさい。
ってかおじさん頼むから安いのでいいからデジカメ買ってw

3

何か分厚い鉄板切って立ててスイングアーム固定しちょる。。。

 

7

船側の鉄骨は鉄工所でプロに造ってもらったらしい。
もうこれだけで桜花よりマシwww

 

4

溶接の腕は向上している事を祈るしかない。。。。

6

相変わらずフレームはカブを使うらしい。

 

5

ぶっ立てた分厚い鉄板の隙間にマジンガーZみたくパイルダーONされるフレーム(笑)

 

9

嫌ああああぁぁぁぁぁああああああああ!!!!!!!
パッセンMuneが本気で叫んだ画像。
気が触れてこの人木でフロントフォーク造り始めたと思った。
デ・ハビランド・モスキートぢゃねぇんだからやめり(´;ω;`)

 

10

と思ったら鉄骨で造り始めた。
人は一度奈落の底まで感情を貶められると
今度は何見ても良好の兆しを欲するようになる。
秋山キイチの溶接の腕どうでもよくて安堵感でいっぱいの気持ちになるw

 

11

でもやっぱ怖ぇな。
非破壊検査でも受けてくれないかな(笑)

 

12

 

13

クニさんのアールズフォークと違い

 

14

建設機械のアームにしか見えない。。。。

 

16

ん?これ角材で造ってるけどハンドルどうするんだろ?

 

17

お、おぅ。。。。w

 

15

 

18

ま、まぁ桜花よりは生還率飛躍的に上がったとは思えるわな。。。。
因みに秋山さんは普段このニーラーを玄関先に立てかけて保管するみたいで。
シャキッと玄関先で立ったこいつ観て喜んで
「わーぃ♪クララが立った♪クララが立った~♪」
で、命名がクララとなった(苦笑)

 

19

ほぅ、今回はMOONタンクみたいなの使うのね。

 

20

で、外装の段階で秋山さん暴走を始める。
「Muneさん、この車体アールズフォークかっこいいからビキニカウルなんてどう?」
「クニさんのフォーク観てから物言え。夢見るな。ダストビン作製しろ(Mune)」
舞い上がったおっさんの心は早めに摘むに限る(笑)

 

21

桜花と違いちゃんと固定されてるシートベース。

 

22

 

s-P1190731

「Muneさん!ドカのカウル流用すれば早くてカッコ良くなるかもよ♪」
「でも単車のカウルじゃ根本位置合わないと思うなぁ。
あ、スクリーン部分もFRPで埋めちゃえばニーラーでも位置いけるかもね」
「ようし!任せて!!そこまでは俺がやっとくよ♪」
で、秋山さんが外装持って来た。
嫌な予感しかしない(笑)

 

s-P1190736

黒ゲル足付けしないでFRP貼ってるから全く食い付いていない。
段差無視して貼り込んでいるから大規模な「洞窟」がそこかしこにある。
そもそも新規FRP部分が気泡だらけで三ツ矢サイダー。

s-P1190737

観なかった事にして作業進めようと思ったが危ないよ、そんなマシン走るの。
それにワタシの搭乗機、このクララじゃん(´;ω;`)
ちくしょう、「洞窟」を全部露天掘りして足付けしてないFRPを全部削り落とす。

s-P1190739

型も造らず貼り込んでるので、FRPを細かく刻んで樹脂に混ぜ込んだ「漆喰」を作成、
この洞窟に流し込んでどうにか連結させる。

 

s-P1190740

結局凄い量の総パテ。重量増しは免れまいwww
メチャクチャ落ち込むおじさん、秋山キイチ。。。。

 

s-P1190743

あああぁぁもうしゃあねぇなぁぁぁ!!!
削り込んでシェイプしてうねってるから削り過ぎて穴開いたところは裏からFRP当ててを繰り返し
1日中シェイプを試みる。

 

s-P1190744

精も根も尽きた深夜零時。
ウチのブースが腐海と化している事に気付く。
もう人は住めない。。。。

 

s-P1190745

下地の膜厚の均等率を観るのにやる投影確認。
物凄い気色悪いクリーチャーの卵がそこにいた。。。。。

 

s-P1190746

うん、もう観なかった事にしよう。。。。

 

s-P1190749

で、サフェ入れた。

 

s-P1190750

何かムーミンみたいなシルエットでとぼけてたのでムカついて

 

s-P1190751

意味もなくドリルドしてやった(笑)

 

s-P1190762

クララと言えばスイス。スイスと言えばルイジ・タベリ。
というかそれしか浮かんでこなかった(苦笑)
昭和の頃のどっか地方の特急列車みたいだ。

 

s-P1190759

寂しいからチームのロゴでも入れておこう。

 

s-P1190760

最初戦闘機のノーズアートみたいなガーターベルト観えてるエロクララとか
別の意味で男立たせるクララでも描いてやるかと思ったが、
サイドウェイ出走不可になると本末転倒なので
どうにか品のあるクララ描いて留まったw
因みにクララの本名がクララ・ゼーゼマンだと今回初めて知った(笑)

s-P1190768

で、残りの作業秋山さんにバトンタッチ。

 

s-P1190769

歓ぶおっさん。むせび泣くクララwww

 

s-P1190766

「いい?ライン入れたんだから地面に平行に付けてよ!!」
「あい。」

 

13239229_1043022682454681_7099789535458175564_n

こうして袖ヶ浦フォレストウェイ走るギリギリ前日に完成した秋山2号機、クララ。

 

13239297_1043022742454675_7519560942525204042_n

うん、カッコだけはいっちょまえになったわ(笑)

 

 

 

國森号2号機 ゴードンPhaseⅡ

1

2016年、遂にクニさんが2号機製作に着手した。
行動走行のサイドカー、ゴードンより心臓であるEg移植する為ゴードンⅡと命名。

 

2

我々がメインでレース参戦しているSIDEWAY TROPHYが5台以上のエントリーで
初めてレースとして確立するレギュレーションの為、
結局身内で必死で造るしかない、ってものある(笑)

3

 

4

先ずはフレームの骨格を誘導する治具から製作。
もうこの時点でDIY秋山のレベルを遥かに凌いでいる(笑)

6

おぉ、今回は船側のシャフトは片持ちなのね!

 

9

 

10

ネック位置とキャスト角も治具で出してあるので作業は超正確。

 

11

前回製作したリリィはメインフレームを元車種から流用したけど
ゴードンⅡは全てがゼロからのワンオフ設計・製作なようです。

 

12

 

7

 

8

うん、剛性ありそう♪

 

15

メインチューブの取り回しはリックマンを彷彿させまする。

 

16

当然Egマウントもワンオフ。今回はカブ系Egに合わせてフィッティング。

 

13

 

14

 

17

体格のあるパッセンジャー松さんに合わせたダイビングステー。
ちゃんと付いてる。うらやましいwww

 

19

クニさん、アールズフォーク造るようです。

 

20

元々アールズフォークはサイドカーには最適な機構ですからね♪

 

21

まぁクニさんの製作なので何一つ問題なんかありません(笑)

 

24

リア周りもOK。

 

25

無事着地♪

 

28

 

30

床のコンパネも滞りなく終了

 

29

クニさん、こちらはダストビンカウル時代から更に遡って50年代風に設定してようで。
所謂ネイキッドのボーイズレーサーですね♪

 

31

 

32

パッセンジャー車輪巻き込み防止の優しさガードも装着。
クニさん曰く、「松!これ以上こっち来んな!!」斜壁(笑)

 

13119065_1048480771875218_7302912893093144218_n

ここでクニさんからメッセージ。
「Muneさん外装塗れます~?」

 

13177691_1051608068229155_2846359836260400719_n

クニさん、VINCENTのレーサーイメージして製作したみたいなので

 

s-P1190779

じゃあ、こんな感じで仕上げましょうかね♪で、ビキニカウルとおタンク預かり。
フェンダーはもう時期的にムリ(苦笑)

 

s-P1190803

パテとハンマーでサクッと整形してサフェ入れて参りますか。

 

13226963_1097582176971829_6780951868174961594_n

本物と同じくラインは金沢箔で、ロゴの部分は焼き箔使いましょうか。

 

13260281_1097582170305163_1055047561026845638_n

上面トランスファー(水貼りデカール)は下側だけカットして金箔で再生して
文字をクニさんのショップに替えて遊びましょうか♪

 

s-P1190828

工程はかなりはしょりますがVINCENT風ペイント、完成。

 

s-P1190820

 

s-P1190819

こんな感じでどうでしょ?

 

s-P1190835

プロが真剣に製作した車体には、こっちもプロとして一切妥協せず仕上げて参りましたん。

 

s-P1190838

クニさんめっちゃ喜んでくれた♪

 

13230214_1056138444442784_5752843668347841834_n

カウルのスクリーンもそれっぽくフライスクリーンに。
クニさん2号機ゴードンPhaseⅡ、始動です!!